ラダーを使ったコグニサイズ

コグニサイズ(cognicise)とは、認知症予防プログラムで、運動と認知トレーニングを組み合わせたモノだ。

 

コグニサイズは、認知を表すcognitionに、運動・訓練の意味のexerciseを併せた造語だ。

 

コグニサイズを開発して推進しているのは、国立長寿医療研究センターで、様々なバリエーションがある。

 

要点は、心拍数が少し上がる程度の運動と、計算や、しりとりを組み合わせること。

 

コグニサイズ コグニラダー

ラダーと呼ばれるハシゴ状の器具を使ってやるコグニサイズ。

 

8ステップがひとかたまりで、1から8までの数字の中から、好きな数字を2個選ぶ。

 

選んだ数字の時に、足をヨコに踏み出して戻る。

 

たとえば2と5を選んだ場合、2番目と5番目のステップは、ハシゴの外に踏み出す。

 

コグニラダー 動画

 

多くても、1日30分程度までにしておく。

 

少しずつでも良いので、週に3回程度を続けることが重要。

 

ヒザなどに痛みがある場合は、無理してやるべきではない。



コグニサイズの強度

コグニサイズの強度は、年寄りにはかなりキツそうだ。

 

ただ、キツいのにはワケがある。

 

というのも脳を活性化するためには、少し負荷をかけないとダメだからだ。

 

筋トレなども、筋肉を鍛えるために負荷をかけるが、それと同じだ。

 

そのため、身体の衰えに併せて強度を弱くしたら意味が無い。

 

身体を丈夫にして脳を刺激するために、現在の自分にとって、少しだけキツい運動強度でコグニサイズを行う。

 

なので、若い人には簡単なレベルであっても、自分にとって多少でもキツければ、それがちょうど良い強度になる。

 

簡単にできることでは、トレーニングにならないって事らしいね。

 

ただし最初はホントに簡単すぎるところからスタートしないと、思わぬケガをしかねないので、注意が必要だ。

 

頭を使いながら、有酸素運動を行う

のがコグニサイズの要点だから、短時間でキツくやるより、ダラダラでも良いから長時間やるべきなのかな。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加