【ボケ症状】言葉に詰まる。頭が真っ白

【ボケ症状】言葉に詰まる。頭が真っ白

言葉に詰まる、頭が真っ白。会話能力の衰え

誰かと話している時に、何と言ったら良いのかわからない、言うべき言葉が思い浮かばない。

 

こういう事がたびたび起こったら、頭がボケ始めているって事らしい。

 

アレとかソレとか、ウンとかイヤとか、指示語や単語だけで話すようになると、やっぱり頭がボケ始めているらしい。

 

というのも、相手に合わせて話したり、ちゃんとした文章を作って話すのには、高度な脳の使い方が必要だからだ。

 

たとえば誰かと大事な話をするとき、相手の様子を伺いながら、どういう風に言うべきか、いろんな事を考えるだろう。

 

たとえば子供の話を聞く時は、かなりの想像力が必要だろうし、長い話や複雑な話を聞く場合は、要点やキーワードを見つけて、話のあらましをつかむ能力も必要になる。

 

また自分が話す場合でも、相手の表情や声色から、感情や気分を読み取ったうえで、何をどう言うか考えないといけない。

 

言葉選びも大変な作業で、たとえば子供と話すときは、その子供に分かるように言葉を一つ一つ選ばないといけない。

 

一方、交渉事など、こういうことを、このタイミングで言ってよいのか、ためらう場面というのもあるから、一種の決断力も試される。

 

人と会話するという作業には、こんなに多種多様な作業があるので、ボケてくると言葉に詰まるのも当然だ。

 


スポンサードリンク

感情を抑えることができないのは危ない

ちゃんと他人と話をする時には、自分の感情を抑える必要がある

 

というのも相手の様子を観察し、相手の言いたいことを正確に理解するためには、自分が冷静でないといけないからだ。

 

会話に用いる語彙も、相手が理解できる語彙のレベルを探して話さないといけない。

 

勝手知った相手や同業者と話すのなら、用いる語彙は共通なモノが多いから、語彙レベルは気にしなくてもよいが、そうでないときは言葉選びは重要だ。

 

特に相手が初対面の人だったり、家庭環境や教育レベルが違ったり、職種や地位が全く違う場合、何をどう話せば良いか困ってしまう。

 

となると相手の表情や声色を観察し、相手の言いたいことを理解しつつ、こちらの意見をどう言えばよいのか、いろいろ頭の中で組み立てないといけない。

 

こういう複雑な作業は、感情的になっているとできない

 

というのも感情を抑えるのも、相手の様子をうかがうのも、会話を組み立てるのも、同じ脳の前頭葉で行っているからだ。

 

相手の様子をみて真意を探るのも、自分の考えをまとめるのも、その考えを言うかどうか判断するのも、ほぼ全部前頭葉の領域でやっている。

 

なので、感情が高ぶってしまうと、それを抑えるのに前頭葉が懸命になって、他の作業が全くできなくなるわけだ。

 

逆に言うと、話をするとき、自分の感情を抑えられないのは、頭がボケかけている徴候かも知れない。

 

酔っ払うと感情が抑えにくくなるが、そういう状態がボケ症状ってことだ。

 


スポンサードリンク

美容・身体の悩み 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第2位★バストアップ★皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修!ヒラクアップ

★第3位★糖尿病★食事だけで血糖値を下げる!藤城式食事法DVD

★第4位★視力回復★1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

★第5位★高血圧★食事だけで血圧を下げる!藤城式食事法

★第6位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第7位★バストアップ★いつでも、どこでも!大澤美樹『バストアップラボ』

★第8位★脚やせ◆1日2分!読者モデルもマイナス5cm大澤美樹『スリムレッグラボ』

★第9位★若返り★1日3秒!2か月20歳若返る新メソッドスローストレッチ

様々な身体の悩み 改善プログラム

★自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★アスペルガー、ADHD、発達障害改善マニュアル

★女性薄毛★サイエ式・女性の育毛発毛プログラム

★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加