ボケが起こる3つの原因とは

ボケ症状の原因は、前頭葉の働きが悪いことだ。

 

そのためボケ予防には、前頭葉を毎日動かして、鈍らないようにしないといけない。

 

ボケの症状は様々だが、ボケは原因によって3つのタイプがあるという。

 

一つ目は脳が傷んで起こるボケ

 

これはケガや脳出血などで脳を損傷したり、高血圧や糖尿病などの病気で起こるボケだ。

 

脳血管性認知症と原因は同じだが、脳そのものの機能が落ちて起きるボケだ。

 

このボケを改善するには、損傷や病気を治す必要がある。

 

二つ目は脳を使わないことで起こるボケ

 

これは、使わない筋肉が衰えるように、使われない脳の領域の血管が細って、うまく動かなくなるタイプのボケだ。

 

この種のボケを改善するには、日頃使っていない脳の領域を使うしかない。

 

最後は、時刻によって起こるボケだ。

 

脳が正常に働いていたとしても、頭が冴えている時間帯と鈍くなる時間帯がある。

 

そのため、時間調整がまずいと、大事なときに頭が働かず、ボケてるなと言う風に感じることもある。

 

肝心なときに頭がボケていたら、やっぱり仕事に差し支えるので、これも意外に重要なボケ症状だ。

 

そのため、朝、定刻に起きて、時間調整をすることは重要だってことになる。

 

そして日の光を浴びながらの運動も、こういうタイプのボケを改善するのに良いらしい。

 

プロ野球のキャンプなんかでも、大の大人が朝からブラブラ散歩しているが、体調を整えるために重要な作業って事だね。

 



音読で、脳の様々な領域を動かす

ボケ防止法のその2は、20分以上の散歩だった。

 

あちこちを観察しながら、20分以上散歩する。

 

できれば朝が良いが、明るいうちなら効果があるらしい。

 

というのも明るいうちなら、様々なモノが見えるから。

 

モノを見る時というのは、脳の様々な領域を動かすので、ボケ改善に役立つという事らしい。

 

そして歩きながら観察することで、運動に関する脳領域も働くので、さらに効果的な脳トレになるわけだ。

 

また散歩は可能な限り、毎回コースを替えると良いらしい。

 

前頭葉は新しいモノに反応しやすいので、いつものコースでは刺激が少ないらしい。

 

ただ20分以上の散歩だけでは、働かない脳領域もある。

 

それが「言語領域」だ。

 

散歩の途中で誰かと会話するなら、聴覚や言語領域も動かすことができるが、そういう機会が無ければ動かない。

 

となると、散歩と別に、言語領域も動かす必要がある。

 

そこで役に立つのが、ボケ予防策その3の「音読」だという。

 

音読とは、声に出して読むと言うことだが、毎日新しい文章を10分くらい声に出して読む

 

少しずつ読み進めている本でも良いし、新聞やニュースサイトのコラムなどでもよい。

 

これを10分程度、声に出して読むことで、複数の脳領域が活性化するという。

 

音読では、文字を見て、それを音に変換するため、視覚領域と言語野という部分が同時に働く。

 

人間は言葉を音で覚えているので、文字をみると、それが頭の中では音になり、その音から意味や記憶などが呼び起こされるのだ。

 

これらは脳の様々な領域で処理されるため、音読すれば、脳のいろんな部分を、同時に動かすことができるというわけだ。

 

ただし前頭葉は新しいモノにしか反応しないので、毎日新しい文章を見つけてこないといけないが。

 

さらに音読しながら身体を動かせば、効果的な脳のトレーニングになる。

 

受験勉強の暗記のコツの一つに、身体を動かしながら覚えるというのがあるが、同時に複数の脳領域を動かすと、記憶しやすいと言うことだろう。

 

認知症などでも、普通のことは覚えられないが、感情が激しく動く場合は覚えられたりするらしい。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
アイケア 一目瞭然
一目瞭然W
エイジングケア 濃縮練り酵素
houbi(宝美)