「20分の散歩」で、ボケが改善する理由

「20分の散歩」で、ボケが改善する理由

モノを見るには、脳が総動員される

モノを見る・観察するという作業は、脳の多くの部分を使う作業だ。

 

何かの音に反応して目を向ける場合、その音がどこからしているのか、目はキョロキョロして探す。

 

そして見えたもの瞬時に判断して、行動すべきことを判断して、それを実践に移すわけだから、かなりいろんな事を同時にやっている。

 

左右を見たり、上下を見たり、遠くの方を見たり、足元を見たり。

 

そこには様々な色のモノがあり、様々な形のモノがあって、その中から何かを見つけるわけだから、我々の脳は大忙しになる。

 

というのも目に入ったモノの位置情報と、色や形、大きさや質感と言った情報は、別々に分析されて認識されるからだ。

 

我々の脳というのは、空間に存在する物体を、位置・色・形・大きさ・動きなどという風に、バラバラに分析したあと、それをひとまとめにする。

 

詳しく書くと、目に入ったモノは、後頭葉の第一視覚野で捉えられる。

 

そして情報は背中側を伝わるwhere経路と、腹側を通るwhat経路を伝わっていき、最後に脳の前頭葉でまとめられる。

 

where経路は背側経路とも呼ばれるが、目の前にあるモノがどこにあって、どの方向に動いているかという情報を捉える。

 

この情報は後頭葉から頭頂葉の神経で分析して、前頭葉の背中側の神経細胞に届けられる。

 

もう一方のwhat経路は腹側経路とも呼ばれるが、形や色などの形状・色彩を側頭葉で分析し、その情報を前頭葉の内側の神経細胞に送る。

 

こういう風に二手に分かれた情報が、最後に前頭葉で統合されて、初めてモノが見えるわけだ。

 



ボンヤリ見るのと、興味を持ってみるのとでは、違う

モノを見る時、空間位置情報と、形や色などの形状情報は、脳の別の経路で分析される

 

まず空間位置情報は、後頭部の第一視覚野から脳のてっぺんの頭頂葉で認識され、前頭葉の背中側に送られる。

 

これを「where経路」とか「背側経路」と呼ぶ。

 

一方、色や形状に関する情報は、後頭部の第一視覚野から、脳の側面側・側頭葉を通って分析され、前頭葉の腹側の細胞に送られる。

 

これは「what経路」とか、「腹側経路」と呼ばれる。

 

そして前頭葉で初めて、見たモノの位置や運動と色や形状が、前頭葉でまとめられる(統合という)。

 

たとえば「スズメが、右から左に飛んでいる」のが目に入ったとしたら、側頭葉でスズメの形や色が分析され、そして側頭葉にある記憶と照合して、「これはスズメだ」と判断される。

 

一方、背側経路の頭頂葉では、物体が右から左に飛んでいるのが分析される。

 

これが前頭葉で情報がまとめられ、「スズメが右から左に飛んでいる」という状況が理解できるというわけだ。

 

ただ、遠くを雀が飛んでいても、ありふれた光景で見慣れているなら、脳はさほど活発には動かない。

 

前頭葉が働くのは、あくまでも「意識して見る」時だけで、ただ目に入ってもダメらしい。

 

もちろん目の前をビュンと雀が飛んだり、白い大きな鶏でも飛んでいれば、「何事だ?」と、さすがに脳は働くだろうけどね。

 

毎日20分以上、周囲を観察しながら散歩するというのがボケに良いというのは、脳を広範囲に使う「見る」という作業と、散歩という運動による脳の刺激が、脳を活性化しやすいというってことだな。

 


スポンサードリンク

美容・身体の悩み 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第2位★バストアップ★皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修!ヒラクアップ

★第3位★糖尿病★食事だけで血糖値を下げる!藤城式食事法DVD

★第4位★視力回復★1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

★第5位★高血圧★食事だけで血圧を下げる!藤城式食事法

★第6位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第7位★バストアップ★いつでも、どこでも!大澤美樹『バストアップラボ』

★第8位★脚やせ◆1日2分!読者モデルもマイナス5cm大澤美樹『スリムレッグラボ』

★第9位★若返り★1日3秒!2か月20歳若返る新メソッドスローストレッチ

様々な身体の悩み 改善プログラム

★自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★アスペルガー、ADHD、発達障害改善マニュアル

★女性薄毛★サイエ式・女性の育毛発毛プログラム

★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加