若者も知っておくべきボケの基礎知識

若者も知っておくべきボケの基礎知識

認知症でなくても若者でも、ボケは起こる

認知症になると、ボケる。物忘れがひどくなり、人の話に反応できなくなる。ただしボケは認知症でなくても、誰にでも起こることでもある。と言うのもボケるとは、頭の働き方が鈍くなるってことで、とっさに反応できなくなることだから。たとえば、台所に来てみたが、何をするためか思い出せない。誰かから話かけられても、何...

認知症でなくても若者でも、ボケは起こる

 

自分がボケていることに気づく瞬間とは

歳をとっても元気な年寄りは多い。一方、歳をとってなくても、ボケている人も多い。高齢になればなるほど、ボケる割合は増えるけれど、これは血管が弱くなり、脳も多少縮んでしまうからだ。つまり高齢になるにつれて、ボケやすい条件が増えるから、年寄りは若い人よりボケやすいだけで、ボケるヤツは若くてもボケるわけだそ...

自分がボケていることに気づく瞬間とは

 

転職・昇進で自分のボケ症状に気づく

昔は得意だった事が、全くできなくなっていると、自分の衰えに気づく。子供の時は軽々できたことが、大人になると全然できなくて、「もう子供じゃないんだな」などと思った経験は誰にでもあるだろう。若い頃はへっちゃらだったことも、だんだん身体に堪えるようになって、「もう若くないんだ」と感じることも、多くの人が経...

転職・昇進で自分のボケ症状に気づく

 

【ボケ症状】言葉に詰まる。頭が真っ白

誰かと話している時に、何と言ったら良いのかわからない、言うべき言葉が思い浮かばない。こういう事がたびたび起こったら、頭がボケ始めているって事らしい。アレとかソレとか、ウンとかイヤとか、指示語や単語だけで話すようになると、やっぱり頭がボケ始めているらしい。というのも、相手に合わせて話したり、ちゃんとし...

【ボケ症状】言葉に詰まる。頭が真っ白

 

【ボケ症状】感情が抑えられない

頭が真っ白になって、言葉が出てこない。頭に何も浮かばず、フリーズして、ただ立ち尽くすのみ。こういう事は、たいていの人が、人生で何度か経験することだろう。ただこれには、2通りの場合がある。一つは、ちょっと前のことを覚えていない「近時記憶」ができなくなるケース。たった今やったことや、聞いたことを覚えてい...

【ボケ症状】感情が抑えられない

 

【ボケ症状】脳の前頭葉の具合が悪い

頭がボケるというのは、簡単に言うと、疲れて考えがまとまらなくなったり、酒に酔っぱらって自分をコントロールできない状態だ。モノを考えたり、自分をコントロールするのは、脳の前頭葉(ぜんとうよう)の働きで、前頭葉の働きが鈍ることで、様々なボケ症状が出るのだ。この前頭葉は、脳の前側にあり、おでこや額の奥あた...

【ボケ症状】脳の前頭葉の具合が悪い

 

【ボケ症状】話についていけない、笑えない

頭が真っ白になって、言葉が出てこない。こういうケースはたいていの場合、感情が高まってしまっていて、何を言えばよいのか分からなくなるパターンだろう。前頭葉は、思考する他にも、感情をコントロールしているので、感情を抑えるのに手一杯になると、考えることができなくなるのだ。ところがこれ以外にも、言葉が出てこ...

【ボケ症状】話についていけない、笑えない

 

年寄りや熟練者が、頑固になりやすいワケ

ボケ症状は、高齢になるほど増える。歳をとるとボケやすい理由は、大きく分けて二つあって、一つはもちろん「老化」だ。老化によって脳の血管が弱くなり、脳に血液が行き渡らなくなって、ボケを起こしやすくなる。高血圧になると、毛細血管に血が行かなくなるし、糖尿病では毛細血管が弱くなる。その結果、血流量が減って、...

年寄りや熟練者が、頑固になりやすいワケ

 

BICSとCALP 2種類の会話レベルとは

何を言えばいいのか、言葉に詰まるのは、ボケの始まりだ。頭が真っ白になってしまい、何も言えなくなったりすると、ボケ始めているということらしい。というのも会話能力というのは、意外にすぐ衰えるものだからだ。たとえば営業の最前線でバリバリ働いていた人でも、昇進して最前線に出なくなると、流ちょうだった営業トー...

BICSとCALP 2種類の会話レベルとは

 

【ボケリスク】コピペは便利だが、ボケる

前頭葉を使わないと、人間の頭はボケる。最近よく言われるのが「コピペ」(コピー&ペースト)の悪影響だ。学校でも職場でも、インターネットやスマートフォンで、調べた情報を丸ごとコピーして、レポートや書類に貼り付けて、それで済ませる人が増えた。言葉の定義や、よく知られた話などは、丸ごと書き写さなければいけな...

【ボケリスク】コピペは便利だが、ボケる

 

【ボケリスク】人に聞いて済ますとボケる

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがある。知らないと恥ずかしいから、知ってるふりをして尋ねない。しかし尋ねないと、一生知らないままで、ずっと恥をかき続けると言う意味らしい。このことわざ自体は正しいし、分からない部分を、すぐに尋ねるというのは、学問やビジネスでは重要なことだ。というのも...

【ボケリスク】人に聞いて済ますとボケる

 

【ボケリスク】テレビやパソコンを見続ける

テレビやパソコンを長時間見ていると、頭がボケやすいと言う。というのもテレビやパソコンを、長時間見ているときと言うのは、目の焦点がテレビやパソコンのモニターにずっと固定されている状態だからだ。目の焦点が固定されていると、目の動きの範囲が極端に狭くなる。それと同時に、手足を動かす範囲も、極端に狭くなって...

【ボケリスク】テレビやパソコンを見続ける

 

集中すればするほど、脳はボケやすくなる

世間的に、集中力があるのは、良いことだと言われる事が多い。ところが何かに集中し続けていると、その影響で頭がボケやすくなる。というのも前頭葉の中枢細胞には、情報を送ってくる神経細胞に対して、情報量を制限する機能があるからだ。我々が何かに集中している時、雑音は殆ど耳に入ってこない。そして腹が減らなかった...

集中すればするほど、脳はボケやすくなる

 

【ボケ予防】習慣にしたい3つのこと

ボケを改善するには、衰えてしまった脳を再活性化することが必要だ。使わないことで脳が衰えるなら、使うことで脳機能を回復できるはず。でも何をどうすれば、脳機能の回復につながるのか。ボケ防止策として、様々な人が、様々なことを言っているようだが、とりあえず何をすれば良いのか。ボケ外来を開いている、元脳外科医...

【ボケ予防】習慣にしたい3つのこと

 

「20分の散歩」で、ボケが改善する理由

モノを見る・観察するという作業は、脳の多くの部分を使う作業だ。何かの音に反応して目を向ける場合、その音がどこからしているのか、目はキョロキョロして探す。そして見えたもの瞬時に判断して、行動すべきことを判断して、それを実践に移すわけだから、かなりいろんな事を同時にやっている。左右を見たり、上下を見たり...

「20分の散歩」で、ボケが改善する理由

 

【ボケ予防】毎日、新しい文章を音読する

ボケ症状の原因は、前頭葉の働きが悪いことだ。そのためボケ予防には、前頭葉を毎日動かして、鈍らないようにしないといけない。ボケの症状は様々だが、ボケは原因によって3つのタイプがあるという。一つ目は脳が傷んで起こるボケ。これはケガや脳出血などで脳を損傷したり、高血圧や糖尿病などの病気で起こるボケだ。脳血...

【ボケ予防】毎日、新しい文章を音読する