認知症の予防とリハビリ記事一覧

認知症やボケの症状が進行する原因の一つは、廃用(はいよう)症候群だ。廃用症候群とは、安静にしていることで起こる心身の機能低下のことを言う。病気やケガなどで長期間寝て過ごすと、足腰の筋肉が落ちてしまって、歩くこともままならなくなる。関節も硬くなってしまって、動作がぎこちなくなり、ケガしやすくなったりする。「廃用」という用語からは、乳が出なくなった廃用牛のようにもはや回復不能のイメージを持つが、使わな...

認知症やボケで問題になるのが、廃用症候群(生活不活発病)だ。廃用症候群というのは学術用語だが、何の意味だかわかりにくいので、「生活不活発病」と呼んでるらしい。これは簡単に言うと、活動的でない生活によって、身体の機能が衰えてしまう病気だ。というのも我々の身体というのは、「使わない機能は衰える」かららしい。身体を動かさないと筋肉は落ち、心肺機能も衰える。たとえば大病をして寝たきりになると、使われない筋...

認知症の予防やリハビリには、理学(りがく)療法・作業療法・言語聴覚療法の三つがある。この中の理学療法とは、運動療法や電気療法、マッサージや温熱療法などを指すが、認知症の予防やリハビリには、主に運動療法が使われる。ただ、運動療法と行ってもいろいろで、目的によって中身はかなり異なる。糖尿病でも運動療法が行われるが、糖尿病の運動療法と、認知症の運動療法は、かなり違う。というのも糖尿病の運動療法では、「血...

認知症の予防やリハビリのために、運動を取り入れるのは良い。ただし運動といっても様々で、目的をハッキリさせておかないと、頑張ってるのに効果が出ない。認知症予防のためなのに、糖尿病のための運動をしても、あまり効果が出ないから、注意が必要だろう。糖尿病の運動療法の目的は、あくまでも血糖値を下げることで、認知症やボケ対策ではない。そのため、糖尿病の運動療法に一生懸命取り組んでいても、認知症やボケ症状はよく...

認知症やボケのための運動療法は、筋力強化(筋力トレーニング)バランス訓練(体幹トレーニング)関節可動域訓練(ストレッチ)の3つの方法で行われる。糖尿病の運動療法では、有酸素運動が中心であるが、認知症の運動療法では、動きやすい身体作りが主眼だ。糖尿病では高血糖が最大の問題だから、運動療法も血糖値を下げるのが主眼で、そのために有酸素運動が使われる。しかし認知症では、運動を通して、脳を刺激し続けることで...

言語聴覚療法(ST)とは、頭と口を動かすリハビリだ。認知症では、様々な原因で、人と会話することが難しくなったり、モノを飲み込めなくなったりする。見当識障害では、時刻や自分のいる場所が分からなくなり、知り合いの顔も忘れてしまう。そのため何を話せば良いのか、誰と話せば良いのか分からなくなり、会話するのもおっかなびっくりになる。また「失語症」といって、言葉の意味がわからなくなり、話ができなくなる場合もあ...

失語症(しつごしょう)とは、脳出血や脳梗塞などで、脳の言語関連領域が傷んで、言語能力を失う症状だ。失語症はアルツハイマー病や、脳炎によっても起こる障害だが、様々な状態がある。失われた機能が何かによって、リハビリの方法も変わってくるので、何ができなくなっているかを、最初にまず見極める必要がある。失語症には大きく分けて3つの症状があり、それが次のようなモノだ。失語症の3つの症状発語における誤り話し言葉...

認知症の失語症の症状は、次の3つに分類できる。発語における誤り話し言葉の理解障害物品の呼称障害まず「発語における誤り」とは、「順序立てて話ができない」「長い文章で誤らずに話せない」ということだ。「発語」(はつご)とは、なんらかの意味を持った言葉を発するという意味だが、話そうとしても間違えてしまうのが、「発語における誤り」だ。これは、文章を組み立てて、口から発するまでの経路が、うまく働かないと言うこ...

脳に良い食べ物は意外なことに油(脂肪酸)だ。油が脳に良いなんて、と思うが、脳細胞の細胞膜はリン脂質という、リン酸と脂肪酸(油)でできている。そのため、油不足になると、神経細胞が再生できないのだ。もちろん油なら何でも良いわけではない。脳の神経細胞に必要なのは、DHA(ドコサヘキサエン酸)とアラキドン酸の2種類の油だ。というのも脳のリン脂質の構成比は、一番多いのがDHA(17%)で、次がアラキドン酸(...

脳の重量は5歳くらいまで、猛スピードで成長して重くなる。そして20歳くらいまで成長し、20歳以降は歳をとるにつれて徐々に軽くなっていく。一方、神経細胞(ニューロン)の数は、生まれた時の前後が最も多く、それがなんと2歳頃になると、約3割まで減ってしまう。神経細胞の数が3分の1になるのに、脳の重量がどんどん増えていくのは、ちょっとおかしな話であるが、実は一つ一つの神経細胞が成長し、大きくなって重くなっ...

認知症の物忘れ症状は、脳内にある海馬という器官が、萎縮する過程で起こる。そのため、海馬の萎縮を抑えて、神経細胞の回復を促すと、認知症の症状改善に役立つ。脳の神経細胞というのは、「一度壊れると再生しない」と思われていたが、様々な動物の脳で神経新生が観察され、人間の脳でも海馬の周辺で、ニューロン新生が起こっていることが分かった。脳の神経幹細胞から神経細胞・ニューロンや、アストロサイト、オリゴデンドロサ...

脳に良い成分・栄養素は、脳に多い成分だと考えられる。たとえばDHA(ドコサヘキサエン酸)は、眼球と脳に集まっている成分だ。同じオメガ3系統のαリノレン酸やEPAは、体中に存在して様々な働きをするが、DHAはなぜか目と脳に集中している。なぜこういうことが起こるかというと、脳には脳障壁とか脳関門と呼ばれる、関所みたいな仕組みがあるからだ。脳は動物にとって非常に大事な器官だから、変なモノが入ってこないよ...

フェルラ酸は、米ぬかや小麦のふすまなどに含まれるフェノール類(芳香族アルコール)だ。植物の細胞壁の中に存在して、リグニンというフェノール性化合物を作る材料になっている。要するに木や穀物の皮の成分だが、このフェルラ酸には、様々な作用がある。まず食品添加物として、色落ちを防ぐ。食品の色が変わるのは酸化が原因だが、フェルラ酸には酸化防止作用があって、それで酸化防止剤として使われている。γ-オリザノールや...