認知症は脳の糖尿病?ケトン食が効く?

認知症は脳の糖尿病?ケトン食が効く?

アルツハイマー病は、脳の糖尿病

アルツハイマー病の原因として、今、一番有名なのが、「アミロイド・カスケード仮説」だ。

 

アルツハイマー病の患者の脳には、「アミロイド・ベータ」というタンパク質がたくさん溜まっており、これが脳の細胞や組織を変性させて壊しているという説だ。

 

アミロイドというのは、タンパク質が絡まって繊維状になったもので、「クモの糸」もアミロイドの一種だ。

 

2型糖尿病やパーキンソン病、動脈硬化・関節リュウマチなどでも、別の種類のアミロイドが溜まっていて、それぞれの病気に関連しているらしい。

 

狂牛病のプリオン・タンパクも、アミロイドタンパクの一種だという。

 

コレとは別に、近年浮上してきた説がある。

 

それが「アルツハイマー病は、脳の糖尿病」説だ。

 

もともと、2型糖尿病患者が、アルツハイマー病にかかりやすい、と言うことは分かっていた。

 

そこで糖尿病を発症していないアルツハイマー病患者の脳の、インスリン濃度を調べてみると、健常者より低いことが分かったのだ。

 

インスリン濃度が低いと、血液中のブドウ糖(血糖)を取り込みにくくなるので、それでアルツハイマー病の人の脳は、エネルギー不足に陥っているらしい。

 

そこでアルツハイマー病を「脳の糖尿病」とか、「第3の糖尿病」だと言う研究者もでてきた。

 

そこでにわかに脚光を浴びだしたのが、中鎖脂肪酸やココナッツオイル等の、「ケトン体」になりやすい油だ。

 


スポンサードリンク

糖質制限食・ケトン食は認知症にも効く?

認知症患者の脳内には、アミロイドタンパクが溜まっている。

 

アルツハイマー病では、アミロイドベータタンパク、パーキンソン病では、別のアミロイドが溜まっている。

 

なのでアミロイドが認知症の、鍵を握っていることは確かだ。

 

一方、アルツハイマー病の患者の脳は、糖尿病患者同様インスリン濃度が低く、エネルギー不足の可能性が指摘された。

 

そこでアルツハイマーは「脳の糖尿病」だとか、「第3の糖尿病」だという研究者もでてきた。

 

そこでにわかに脚光を浴び始めたのが、中鎖脂肪酸やココナッツオイル等の、「ケトン体」になりやすい油だ。

 

脳のエネルギー源となるのは、炭水化物を分解して作られるブドウ糖と脂肪を分解して作られるケトン体だ。

 

インスリン不足でブドウ糖が取り込めないなら、替わりにケトン体を送り込めば良いのでは?というアイデアだ。

 

ところが脳にケトン体を送り込むのが難しい。

 

脳は、ケトン体よりブドウ糖を優先して使うので、炭水化物がたくさんある状態だと、肝臓はブドウ糖を優先して作ってしまう。

 

これでは作られるケトン体の量が少なく、脳のエネルギー不足を補えない。

 

そこで糖尿病でも近年注目されている糖質制限でケトン体の産生を増やす「ケトン食」に注目が集まった。

 

さらに、食べるとすぐに分解されて、ケトン体になる中鎖脂肪酸(MCTオイル)や、中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルに、注目が集まったというわけだ。

 

そしてMCTオイルやココナッツオイルで、認知症が改善したという報告も出始めて、家庭でできる認知症対策として、流行始めたわけだ。

 


スポンサードリンク

美容・身体の悩み 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第2位★バストアップ★皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修!ヒラクアップ

★第3位★糖尿病★食事だけで血糖値を下げる!藤城式食事法DVD

★第4位★視力回復★1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

★第5位★高血圧★食事だけで血圧を下げる!藤城式食事法

★第6位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第7位★バストアップ★いつでも、どこでも!大澤美樹『バストアップラボ』

★第8位★脚やせ◆1日2分!読者モデルもマイナス5cm大澤美樹『スリムレッグラボ』

★第9位★若返り★1日3秒!2か月20歳若返る新メソッドスローストレッチ

様々な身体の悩み 改善プログラム

★自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★アスペルガー、ADHD、発達障害改善マニュアル

★女性薄毛★サイエ式・女性の育毛発毛プログラム

★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加