認知症と中核症状 認知症とは何か

認知症と中核症状 認知症とは何か

認知症と中核症状 認知症とは何か記事一覧

認知症と普通のボケは何が違う?

認知症(にんちしょう)とは、「いったん成熟した知能が、なんらかの脳の障害によって、広く、継続的に低下する症状」だ。我々は子供の頃から経験や勉強、努力することによって、知能を獲得する。それが何らかの原因で、ジワジワと壊れていく状態が認知症というモノらしい。昔、持っていたはずの能力や、簡単にできたはずの...

認知症と普通のボケは何が違う?

 

記憶が徐々に消えていく アルツハイマー病

物忘れがひどくなった、ついさっきのことが思い出せない。こういう物忘れは、普通のボケ症状や、ウツ病などでも起こる。居間や台所に来たり、冷蔵庫を開けて、「あれ、何をしようとしてたっけ」などと思った経験は誰にでもあるだろう。また外出のために家を出たけれど、「あれ、火消したっけ」「鍵閉めたっけ」などと気にな...

記憶が徐々に消えていく アルツハイマー病

 

幻が見え転倒しやすい レビー小体型認知症

認知症には4つのタイプがあり、多いのは脳血管性認知症とアルツハイマー病らしい。脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血で起こるが、症状は人によってバラバラだ。一方、特徴がハッキリしているのが、アルツハイマー病と、レビー小体型認知症だ。アルツハイマー型の認知症は、記憶がドンドン消えていく病気だと思えば良い。脳...

幻が見え転倒しやすい レビー小体型認知症

 

頑固で我慢ができない 前頭側頭葉変性症

認知症とは、脳が壊れて起こる病気だ。脳が壊れるため、壊れた部分が司っていた知識や能力を失う。失った知識や能力は、もはや戻らない。というのも脳の神経細胞が、丸ごと壊れてしまっているので、脳の神経細胞が治ったとしても、知識や能力は失われたままで、全て一からやり直しである。この認知症で一番多いのは、アルツ...

頑固で我慢ができない 前頭側頭葉変性症

 

脳血管性認知症と4大認知症

認知症とは、身についた知能が、どんどん失われていく病気だ。努力や経験から学んだ様々な知識や能力が、なくなる病気だと思えば良い。以前は簡単にできたことが、どういうわけだかできなくなり、生活に支障を来すようになる。特にアルツハイマー病ではモノを覚えるのが難しくなり、古い記憶もどんどん消えていく。もちろん...

脳血管性認知症と4大認知症

 

飲んでないと言い張る、アルコール性認知症

認知症には大きく分けて、4つのタイプの認知症がある。それが、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭変性型認知症という四つの認知症だ。実はこれ以外にもたくさんの認知症があって、アルコール性認知症もその一つだ。アルコール性認知症は、その名前の通り、アルコールの飲み過ぎによって起こ...

飲んでないと言い張る、アルコール性認知症

 

【記憶障害】記銘力の衰え・覚えられない病

認知症には様々なタイプがあるが、認知症の症状と言えば、まずは「記憶障害」だろう。記憶障害というのは簡単に言うと、記憶を思い出すことができない新しくモノを覚えることができないということに尽きる。記憶を思い出すことができないとは、頭の中にあるはずの記憶を、引き出してくることができないということで、「アウ...

【記憶障害】記銘力の衰え・覚えられない病

 

【見当識障害】ここはどこ?今、何月?

認知症の本を読んでいると、たびたび出てくるのが「見当識」(けんとうしき)と言う言葉だ。見当識とは、簡単に言うと、今日が何年何月何日で、自分が今いる場所がどこかという「現状把握力」のことだ。今日の日付は怪しくても、今どこにいるか分からないなんて…とは思うのだが、これが分からなくなる。見当識障害とか、失...

【見当識障害】ここはどこ?今、何月?

 

デフォルト・モード・ネットワーク

認知症や脳の話題で、近年注目されているのが、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)だ。この名付け親は、ワシントン大学の、マーカス・レイクル教授なのだが、あるとき脳のエネルギーに疑問を持った。というのも、我々の脳には何に使われているのか全く分かっていない消費エネルギーがあったのだ。もう少し詳しく書...

デフォルト・モード・ネットワーク

 

【扁桃体障害】異食、恐怖心低下、異常性欲

認知症で厄介な症状として、危険なことを平気でやろうとしたり、何でもかんでも口に入れようとしたり、性欲が異常に高まる、と言うのがある。これは脳の扁桃体(へんとうたい)の周辺部分に問題があるときに、現れると考えられる症状だ。扁桃体は、アーモンドの形をした器官で、記憶を司るとされる「海馬」の端にあり、「視...

【扁桃体障害】異食、恐怖心低下、異常性欲

 

アミロイドという「クモの糸」が認知症の原因?

認知症で脳が萎縮する原因は、まだハッキリしていないらしい。一時期、アルミニウムが原因か?とされたこともあったが、根拠がない説として否定されている。ただ萎縮が起こっている脳内で、何が起こっているかは、少しずつ分かってきた。まずアルツハイマー病の患者の脳では、アミロイド・ベータというタンパク質が、排出さ...

アミロイドという「クモの糸」が認知症の原因?

 

認知症は脳の糖尿病?ケトン食が効く?

アルツハイマー病の原因として、今、一番有名なのが、「アミロイド・カスケード仮説」だ。アルツハイマー病の患者の脳には、「アミロイド・ベータ」というタンパク質がたくさん溜まっており、これが脳の細胞や組織を変性させて壊しているという説だ。アミロイドというのは、タンパク質が絡まって繊維状になったもので、「ク...

認知症は脳の糖尿病?ケトン食が効く?

 

ココナッツオイルとMCTオイルが効く?

アルツハイマー病患者は、脳内インスリン濃度が低くて、ブドウ糖をエネルギーとして、うまく取り込んでいないらしい。そこでブドウ糖に替わる脳のエネルギー源として、脂肪から作られるケトン体を、たくさん送り込めばどうか。そういう認知症対策も出てきた。このケトン体を増やす食餌療法が「ケトン食療法」と呼ばれるモノ...

ココナッツオイルとMCTオイルが効く?