夜間徘徊にも目的がある

認知症のBPSD(行動・心理症状)、次は「夜間徘徊(はいかい)」だ。

 

夜間徘徊とは、その名の通り、夜に街をウロウロ歩き回ることで、英語で言うとnight-walkingだ。

 

認知症患者が、なぜ夜に歩き回るのかはよく分からないが、本人には何らかの目的があって、どうしても出かけないといけないらしい。

 

たとえばある認知症患者さんは、家にいても夜になるとソワソワし始め、「そろそろ家に帰らなきゃ」といって、慌てて外に出ようとするらしい。

 

患者さん本人にとっては、今いる場所が自分の家ではなく、家に帰ってすべきことがあるらしい。

 

なので夜が近づくにつれて、気が気でなくなってきて、家族や介護者を振り切るように家を飛び出すわけだ。

 

他にも「仕事に行く」と言って、家から出る人もいるらしい。

 

アルツハイマー病が進むにつれて、ここ最近の近時記憶だけでなく、ここ何十年の遠隔記憶が消える。

 

そのため息子や娘に引き取られても、自分が引っ越したという記憶が無い。

 

そこで人生のどこかで住んだ場所に、夜になると帰ろうとするって事らしい。

 

それは一つ前の家かも知れないし、もう一つ前の家かも知れない。

 

ひょっとしたら結婚前とか、子供の頃に住んでいた家かも知れない。

 

自分の家として認識している場所に、「帰らなきゃ」といって行こうとするわけだ。

 

ただアルツハイマー病だと診断されて、家に引き取った身内にしてみれば、たまったもんじゃないね。

 

せっかく苦労して引き取ったのに「ここは自分の家じゃない」と、飛び出していくわけだから。

 



患者の言うことにいちいち反応するのは逆効果

夜になると、多くの人はは眠くなる。

 

これは昼間に活動しているからだ。

 

昼間に身体と頭を動かすから、それを休ませようとして眠くなる。

 

一方、認知症の患者さんは、昼間はあまり活動しないことが多い。

 

というのも意欲障害が起こっていて、何か新しいことを始めようという、やる気が起こってこないのだ。

 

ボケ防止・ボケ回復法などでも、昼間に散歩することは重要で、毎日20分から1時間は外を歩かないと、脳の使い方が偏ってしまって、正常に動かなくなるらしい。

 

なので認知症になって、ずっと家に閉じこもっていると、夜に寝る必要性を感じなくなる。

 

そして逆に不眠になり、さらに「夜間せん妄」が起こりやすくなる。

 

せん妄というのは、意識障害が起こって、自分が今どこにいるのか分からなくなり、興奮したり落ち着きがなくなったり、多動になったりする状態だ。

 

つまり訳の分からないことを言って、家を飛び出そうとするわけだね。

 

なので夜間徘徊の対処法としては、昼間にとにかく散歩させて、疲れさせる

 

出かけようとする時刻を調べて、その前に話しかけたりして、気を紛らわせる。

 

訳の分からないことを言い出しても、言ったことをそのままオウム返しして、「ああ〜なんですか」などと返して、患者の言ったことをなぞる。

 

患者さんの言葉に反応して、本人のやりたいことを阻止するのはダメで、そうなると感情的になりやすい。

 

感情的なやりとりをすると、悪い記憶だけなぜか残るので、さらに介護がしにくくなるらしい。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加